2017.3.27

〈ガラス革命〉で温暖化をストップ!

〈ガラス革命〉で温暖化をストップ!

・福島のある工場では窓ガラスに特殊なコーティングをし、赤外線や紫外線をカットしている。
・冷房時間が半分になり、省電力、省エネルギーが実現できた。
・今ではシンガポールにある高層ビルの窓ガラスにも採用され、この技術は世界へと羽ばたき始めている。

fukushima_taisaku_2_data_855x480

郡山市にある「ノボノルディスクファーマ株式会社」の工場の窓ガラスは特殊な液体をコーティングし、赤外線や紫外線をカットしています。
黒いフィルムを貼るのに比べると室内は明るく、冬場の結露も殆どなくなったそう。
さらに、冷房時間が10時間から5時間にまで短縮され、省電力・省エネルギーを実現。
この驚きの技術を開発したのは、福島市にある従業員わずか4名の企業「株式会社フミン」。
伝導性金属酸化物を独自の技術でガラスにスプレーすると、赤外線は70%、紫外線は90%カットできます。
今ではシンガポールにある高層ビルの窓ガラスにも採用され、この技術は世界へと羽ばたき始めています。
この〈ガラス革命〉が世界中に広まることで、温室効果ガスの削減がより推進するかもしれません。

https://www.youtube.com/watch?v=3CHoK8ZivuM

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 福島 〈ガラス革命〉で温暖化をストップ!