2017.1.25

南の海の珍客が続々!変わりゆく北の海の風景

南の海の珍客が続々!変わりゆく北の海の風景
  • ここ数年、北海道でジンベイザメやマンボウなど、暖かい海にいるはずの魚が見られるように。

  • 地球温暖化による海水温の上昇でさまざまな魚たち生息域北上し始めている。

  • 地球温暖化が北の海の生物や港の風景変えようとしている。

hokkaido_kiki5_main2

北海道では最近、珍しい訪問客が海をにぎわせています。
温暖な海を好むジンベイザメや巨大なマンボウが余市や函館で相次いで見つかっています。さらに、オホーツク海では殆ど取れなかったブリが大漁になったり。
北海道大学の桜井泰憲名誉教授は、地球温暖化によって夏と秋の海水温が高くなり、オホーツク海がブリにとって適水温になってしまったことが原因と語ります。
さらに越冬する場所も東シナ海から能登半島沖に移り、早い時期に北上するため、6月にはブリが北海道の海に来ることができる状況になっています。
ブリ以外にも、富山湾が北限だったケンサキイカやアオリイカも函館でもとれるようになってきました。地球温暖化が海の生き物や港の風景を変えようとしています。

https://www.youtube.com/watch?v=7aCs0ziVc50

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 北海道エリア 北海道 南の海の珍客が続々!変わりゆく北の海の風景