2017.3.27

危険なマダニ!増殖の原因は!?

危険なマダニ!増殖の原因は!?

・2015年に石川県で初めてマダニに噛まれたことによって引き起こされる感染症が2件発症した。
・地球温暖化によって、ウィルスに感染した動物が越冬し、北上したと考えられている。
・感染症を仲介する危険な生物の生息域の拡大も地球温暖化による間接的な影響の一つである。

ishikawa_kiki_data_855x480

石川県内では、この数年大きなマダニが見つかるようになりました。
しかも、2015年には県内で初めてウィルスを持ったマダニに噛まれたことによって引き起こされる感染症、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)を発症する例が2件続いたのです。
なぜ、急にSFTSが発生したのか原因はハッキリとは分かっていませんが、マダニは長い距離を移動することができないため、ウィルスに感染した動物の北上にも要因があると考えられています。
また、SFTSの流行地は元々中国地方など西日本に限られていました。
しかし、現在は雪が少なくなったことで越冬した動物と共にマダニも北上し、生息域が拡大したと考えられます。
地球温暖化が進むことによる間接的な影響の一つとして、感染症を仲介する危険な生物の生息域の拡大も挙げられているのです。

https://www.youtube.com/watch?v=tM–4IZnBVY

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中部エリア 石川 危険なマダニ!増殖の原因は!?