2017.3.13

ICカードを使って電車に乗ろう!高知の〈ですかでゴー〉

ICカードを使って電車に乗ろう!高知の〈ですかでゴー〉

・高知県では、CO2排出量が全国平均に比べ、約1.5t/年多い。
・〈ですかでゴー〉は、小学生に公共交通を使ってCO2の排出を抑えることを知ってもらう取り組み。
・便利な車社会から、無理なく公共交通を利用することで、高知の豊かな未来を守り続ける。

kouchi_taisaku_4_data_855x480

高知県では、CO2排出量が全国平均に比べ、約1.5t/年多いことが判明しています。そこで県の指定を受けた認定特定非営利活動法人「環境の杜こうち」が、交通エコポイント活用社会還元事業〈ですかでゴー〉を実施し始めました。
この取り組みは、ICカード「ですか」を無料で貸し出し、普段は家庭の乗用車に乗ることが多い小学生に、ICカードの使い方を覚えてもらいながらバスや電車に乗ることを楽しんでもらいつつ、公共交通を使うことは地球温暖化対策につながっている…という体験をしてもらうために行われています。
この活動を実施している塚崎由子さんも『非常に子どもたちからは良い反応をいただいています』と嬉しそうに語ってくれました。便利な車社会から、無理なく公共交通を利用し、高知の豊かな未来を守り続けましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=nI_zyOgLw8k

関連記事

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 青森 “ねぶた”をLED化!未来に誇れる〈ねぶた祭〉