2017.3.27

サツマイモ発電で廃棄物ゼロを達成!

サツマイモ発電で廃棄物ゼロを達成!

・霧島酒造では、国内初のサツマイモ発電で廃棄物ゼロの「ゼロエミッション」を実現。
・芋くずと焼酎粕からバイオガスを作り、燃焼させて発電。年間約2000世帯分の消費電力を賄う。
・企業努力が認められ、2014年に農林水産大臣賞を受賞。

miyazaki_taisaku_1_data_855x480

南九州の恵みを生かした素材で焼酎を製造している霧島酒造。2015年焼酎利上げ高ランキングで4年連続一位を達成しました。
また、国内初の取り組みとして、焼酎粕と芋くずを原料としたサツマイモ発電を開始。企業間で注目されている取り組み、廃棄物ゼロの「ZERO EMISSION(ゼロエミッション)」を達成し、CO2削減に大きな効果を上げています。
焼酎の製造工程で出る芋くずと焼酎粕は、なんと一日約650トン。それらをメタン発酵させたバイオガスを燃焼し、発電したものが「サツマイモ発電」。
ここで発電した電力は九州電力へ売却、年間約2000世帯分の一般家庭の消費電力を賄っています。
霧島酒造は、この企業努力が認められ、2014年に農林水産大臣賞を受賞しました。

https://www.youtube.com/watch?v=4u2f4bM1qN8

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 宮崎 サツマイモ発電で廃棄物ゼロを達成!