2017.3.31

有明海の貝を食べつくす!ナルトビエイの脅威とは?

有明海の貝を食べつくす!ナルトビエイの脅威とは?

・ナルトビエイは2000年頃から有明海で二枚貝を大量に食べ、漁師たちに被害を与えている。
・冬の水温が上がり、越冬しやすくなったことがナルトビエイが増えた要因の一つ。
・海水温が1℃~2℃変わるだけで生態系は変わる。今後は長崎の海が大きく変わるかもしれない。

nagasaki_kiki_4_data_855x480

ナルトビエイは2000年頃から有明海で増え、二枚貝を食べてしまう被害が報告されています。
増えた要因は、エイを捕食するサメが減ったことと共に、環境の変化が考えられています。
1995年頃から地球温暖化の傾向が見られ、冬の水温が上がり越冬しやすくなったのではないかとされているのです。
有明海を回遊するナルトビエイの数は、年間10数万~60万尾と推定され、二枚貝の被害は3000tとも言われています。
ナルトビエイが食べているのは二枚貝の“サルボウ”が多くを占め、不漁が続く“タイラギ”に変わってカキが増加していることも判明しました。
海水の温度が1℃~2℃変わるだけで生態系は大きく変化します。
近い将来、長崎の海の環境が大きく変わってしまう恐れもあり、これまで食べていた魚や貝が食べられなくなってしまうかもしれないのです。

https://www.youtube.com/watch?v=GV92gD4xVc4

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 長崎 有明海の貝を食べつくす!ナルトビエイの脅威とは?