2017.3.27

小学生が未来を変える!?環境学習への取り組み

小学生が未来を変える!?環境学習への取り組み

・地球温暖化の課題解決をする人材育成として長崎市の小学校で太陽光発電などを活用した環境教育を進めている。
・長崎では、市民・事業者・行政が連携し、再生可能エネルギーへの転換を促進している。
・今後はさらに市民が関われる自然エネルギーの発電所を増やしていく。

nagasaki_taisaku_1_data_855x480

長崎市のある小学校では、地球温暖化の課題解決ができる人材育成に取り組むため、環境学習に力を入れています。
これは「ながさきソーラーネットプロジェクト」の一環として行われており、市民・事業者・行政などが連携し、環境負荷の少ない再生可能エネルギーへの転換を促進する長崎独自の取り組みです。
この小学校の屋上に設置された太陽光パネルは、長崎市民を中心とした全国のサポーターの出資金を受け、2年前に完成しました。
現在の化石燃料を使う発電はCO2を排出し、地球温暖化の原因の一つでもあります。
それに比べ、太陽光発電はCO2を排出しないクリーンなエネルギーです。
長崎には市民が関わる自然エネルギーの発電所はまだ少ない状況ですが、今後はさらにこのような場所を増やし、市民一人一人が地球に優しい生活に取り組んでいきます。

https://www.youtube.com/watch?v=VdYpTSRMY0g

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 長崎 小学生が未来を変える!?環境学習への取り組み