2017.3.27

CO2排出量は1.5倍!環境モデル都市を目指す新潟の取り組み

CO2排出量は1.5倍!環境モデル都市を目指す新潟の取り組み

・新潟市は、全国平均と比べ一世帯当たりのCO2排出量が1.5倍となっている。
・マイカー文化や寒暖差が大きいこと、一軒あたりの面積が広く冷暖房の消費が多いことによるもの。
・『環境モデル都市アクションプラン』として、2050年度までにCO2を80%まで削減することを目標としている。

niigata_kiki_4_data_855x480

新潟市は、全国平均と比べ一世帯当たりのCO2排出量が1.5倍となっています。
その原因はマイカー文化や、季節の寒暖差が大きいこと、一軒あたりの面積が広く冷暖房の消費が多いことによるものと考えられます。私たちの生活が便利になるということは、たくさんのエネルギーが消費され、温室効果ガスを増やすことにもつながっているのです。
CO2削減対策として個人にできる対策は、冷暖房の温度の適正化を心掛けること、電化製品は省エネに対応した商品や機器を利用すること、移動は公共交通機関を利用し、運転する場合にはエコドライブを実践することなどがあげられます。
新潟市は『環境モデル都市アクションプラン』として、2050年度までにCO2を80%まで削減することを目指しています。
一人一人の行動の積み重ねが、地球温暖化対策に大きく貢献することができるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=EG74X6DD5XE

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中部エリア 新潟 CO2排出量は1.5倍!環境モデル都市を目指す新潟の取り組み