2017.1.25

目指せエネルギー自給率100%!バイオマスタウンの取り組み

目指せエネルギー自給率100%!バイオマスタウンの取り組み

・真庭市は、地球温暖化対策の一環として、林業や木材産業が盛んな環境を活用し、バイオマスエネルギーの普及に取り組んでいる。
・真庭バイオマス発電所では、製材の過程で発生する端材を燃料にして発電。
・燃料となる端材は山林や一般家庭から集め、再生可能エネルギー自給率100%を目指している。

okayama_taisaku_4_data_855x480

自然エネルギーの普及に取り組んでいるのは、山々に囲まれた岡山県真庭市。
林業や木材産業が盛んだったこともあり、早くから木質端材を活用したバイオマス燃料に着目。
「真庭バイオマス発電所」では木製チップを利用して発電をしています。
木材は、成長する際に取り込んだのと同じ量のCO2しか発生しないため、差し引きゼロの自然にやさしいエネルギーです。
ここで作られる電力は、一般家庭約22000世帯分の電力を賄うことができ、集積基地には山林や製材所、一般家庭から燃料となる端材などが集まり、安定した供給ができる拠点となっています。
真庭市は、今後も再生可能エネルギー自給率100%を目指し、地球温暖化対策への歩みを続けます。

https://www.youtube.com/watch?v=2pCJyXTfMeM

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中・四国エリア 岡山 目指せエネルギー自給率100%!バイオマスタウンの取り組み