2017.3.31

沖縄の観光を大きく変える、小さな〈Ha:mo〉とは?

沖縄の観光を大きく変える、小さな〈Ha:mo〉とは?

・車による環境問題を解決する取り組みとして低炭素交通システムでの実証実験が行われている。
・観光客は超小型電気自動車で移動することによって、観光ルートを回りながらCO2削減ができる。
・環境負荷を上げず沖縄の観光を存分に楽しむ交通システムによって、沖縄観光の未来が変わる。

okinawa_taisaku_8_data_855x480

渋滞やCO2排出など、車がもたらす環境問題を解決する一つの取り組みとして提案されたのが、低炭素交通システム「Ha:mo(ハーモ)」です。
沖縄県では超小型電気自動車COMS(コムス)を使い、観光客に向けた実証実験が行われています。
コムスは、タブレット端末を搭載することでルート案内をしながら普通の自動車では今まで行くことができなかった観光地への回遊も楽しめるよう工夫されています。
また、電気自動車のため、CO2の排出もゼロで環境にやさしく、交通渋滞の緩和にも役立っています。
小さなEVカーを使うことで、環境負荷を上げず沖縄の観光を存分に楽しむことが「Ha:mo」に託された願いです。
人や街、社会にやさしい移動の実現を目指した新しい交通システムが、沖縄観光の未来を変え始めているのです。

https://www.youtube.com/watch?v=8pH3FS0T9gw

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 沖縄エリア 沖縄 沖縄の観光を大きく変える、小さな〈Ha:mo〉とは?