2017.3.27

豊富な湧き水を有効活用!〈地下水エアコン〉とは?

豊富な湧き水を有効活用!〈地下水エアコン〉とは?

・富士山から湧き出た豊富な湧き水を有効活用した地球温暖化対策への取り組みが行われている。
・溢れ出る地下水をエアコンに活用。気温の上昇の原因となる熱風を出さず、環境にやさしい。
・一年中安定した温度のため、冷房だけでなく暖房の電気代節約にもつなげられる。

shizuoka_taisaku_2_data_855x480

富士宮市のある甘味処では、富士山から湧き出た豊富な湧き水を有効活用した地球温暖化対策への取り組みが行われています。
なんとそれは、井戸から溢れ出る地下水をエアコンに利用すること。
この“地下水エアコン”は熱を水に逃がして周りの空気を温めないため、気温の上昇の原因となる熱風を出しません。
また、夏場の熱い空気を電気の力だけで冷やすのではなく、冷たい地下水であらかじめ温度を下げてからエアコンに取り入れることで、消費電力を節約することができるのです。
このように、一年中13℃という安定した温度の地下水を利用することで夏だけではなく、地下水との温度差が逆転する冬場にも活用することができます。
冷たい外気より温かい地下水で空気を温めてからエアコンに取り入れることで、冬の暖房の電力の節約にもつなげることができる画期的なアイデアとなっています。

https://www.youtube.com/watch?v=qV62LH6_4kk

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中部エリア 静岡 豊富な湧き水を有効活用!〈地下水エアコン〉とは?