2017.3.13

冬でも省エネ!山梨独自の〈WARM BIZ〉とは?

冬でも省エネ!山梨独自の〈WARM BIZ〉とは?

・山梨は、冬の電気器具の使用量が増えるため、省エネ対策が必要。
・冬の省エネ〈WARM BIZ〉は衣食住を見直すことでも可能だが、山梨では温泉を使った対策もしている。
・温泉を「WARM SHARE スポット」として利用すれば、多くの家庭の電力消費量が抑えられる。

yamanashi_taisaku_4_data_855x480

夏の省エネと同じように、寒い冬の山梨にとっては電気器具の使用量が増えるため、冬の省エネも大切です。
一般的に言われる冬の省エネ〈WARM BIZ〉は、衣食住を見直すことでできる省エネです。
ストールやルームブーツなどで冷えやすい部分を温めることで、室内が19℃~20℃でも快適に過ごすことができます。
さらに、鍋料理を食べれば体が中から温まり、鍋の熱で室内も温められ、暖房使用を抑える効果もあります。
また、山梨には、環境を活かした“温泉”を使った省エネもあります。
保温効果がある温泉を活用することで、心身ともに温めながら暖房の使用率を減らすことができるのです。
それだけではなく、「WARM SHARE スポット」として利用すれば、多くの家庭の電力消費量を抑えることも可能です。
こうした工夫をすることで、楽しみながら省エネライフを送ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=pwYyHe0sGoM

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中部エリア 山梨 冬でも省エネ!山梨独自の〈WARM BIZ〉とは?