「●●●●」を知っている?
66.9%は多い?少ない?

(nikoniko_happy/iStock/Thinkstock)

今日から12月。11月中頃から一気に寒くなり、冬の訪れを感じた人も多いのでは。

そんな季節に、環境省では冬期の地球温暖化対策のひとつとして、暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイルを推奨する『WARM BIZ』(ウォームビズ)を呼びかけています。
暑い季節の取組である「クールビズ」についてはかなりの方がご存知かと思いますが、「ウォームビズ」についてはどれくらいの人が知っているのでしょうか。


■知っている人は6割以上!

そこで「ウォームビズ」を知っているかどうか、全国中学生以上の男女1,200名を対象に調査したところ、全体の66.9%は「知っている」と回答。

7割近い人がテレビや新聞、ネットを通じて聞いたことがあるようです。
でも、名前は知っていても「何をするのか、具体的にはよくわからない」「実施をしていない」という人も。


■そもそも「ウォームビズ」って何をすればいいの?

「暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイル」…と言われても、具体的にどのような取組があるのかイメージしにくいですよね。

しかし、そんなに難しいことではありません。この季節の代表的な料理に鍋料理がありますが、「みんなで集まって鍋料理」というのも立派なウォームビズ。

◆杏さん出演のメッセージ動画

他にも、
・防寒用、保温用の機能性素材の下着を使う
・マフラーや手袋、レッグウォーマーを活用する
・ひざ掛けやストールを使う
・からだをあたためる食材を食べる
・暖房であたためた空気を逃がさない工夫をする
・湯たんぽを使う
・入浴方法を工夫してからだも心もあたためる
・意識して運動する

などなど、気軽に始められそうな様々な工夫があります。
詳細はウォームビズサイトに記載しておりますので、是非ご覧下さい。

◆ウォームビズサイト


■「ウォームビズ」(適切な暖房)で、CO2も電気代も削減しよう!

寒いと、どうしても過剰に暖房をかけがち。もうちょっと温度上げちゃおうかな…と思ってしまいますよね。

しかし、ウォームビズでちょっとした工夫により、暖房の適正使用を促し、省エネにもつながります。
そうすれば、CO2も電気代も減らすことができて、地球にもお財布にも優しいですよね。

今年の冬は今までのライフスタイルを見つめ直し、「楽しく・快適に」ウォームビズを実践してみませんか?!


【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年3月13日~2017年3月14日
対象:全国中学校以上の男女1,200名


「ウォームビズ」とは

環境省は暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイル「WARM BIZ」を推進しています。
「20℃」は目安です。暖房の適切な使用をお願いします。
(身近に温度計を置くことをおすすめします。)
◆ウェブサイトはこちらから
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/index.html


「COOL CHOICE(=賢い選択)」にご賛同ください。

「COOL CHOICE」は、CO2などの温室効果ガスの排出量削減のために、低炭素型の製品・サービス・ライフスタイルを賢く選択していこうという取り組みです。
ウォームビズも「COOL CHOICE」の一つです。
未来の地球のために、「COOL CHOICE」に賛同して、できることから始めてみませんか?
◆ご賛同はこちらから
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/join.html


余分な暖房を止めて、みんなでひとつの部屋、場所に集まることでエネルギーを節約するのが「ウォームシェア」。
たとえば、個別の部屋の暖房は止めて街へ出かけて、図書館や博物館、児童館などの公共施設、レクリエーション施設などを利用すれば、全体としてエネルギーの使用量を抑えることができます。
詳しくは「ウォームシェアについて」のページをご覧ください。