「宅配ボックス・再配達削減説明パネルの合同庁舎3号館内設置セレモニー」を開催しました!

COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン
COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン
  • 物流
  • イベント

「宅配ボックス・再配達削減説明パネルの合同庁舎3号館内設置セレモニー」が開催されました。

7月3日(月)に中央合同庁舎3号館1階に宅配事業者及び宅配ボックスの設置・運営事業者の協力を得て宅配ボックスが設置され、セレモニーが開催されました。環境省からは井林環境大臣政務官が出席し、宅配ボックスの体験利用を行うとともに、再配達に伴うCO2排出量の増加等の問題や、宅配ボックスを通じたその削減について呼びかけました。

根本国土交通大臣政務官(左から3番目)等と
クリックでPDFへ

中央合同庁舎3号館1階には利用方法の紹介や再配達削減に関する取組等を説明するパネルも展示され、再配達によるCO2排出量の増加や労働生産性低下等の社会的損失及びその削減方策について理解促進を図るとともに、国土交通省職員及び環境省職員等によるトライアル利用を通じてオフィスでの受取の促進を図ります。

※中央合同庁舎3号館への宅配ボックス・再配達削減に関する説明パネルの設置
期間:7月3日(月)~7月28日(金)(最終受取日)(約1ヶ月間)

宅配ボックスの体験利用を行う井林環境大臣政務官
宅配ボックスから荷物を取り出す井林環境大臣政務官

「COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン」について

宅配便の再配達は、環境負荷の増加や社会的損失を招いていることから、再配達削減に向けて新たな取り組みが必要となっています。
様々な社会経済活動、そして私たちの生活は、宅配便を含めた物流システムによって支えられ、成り立っています。
消費者(受取人)の皆様にもこうした社会的損失について、幅広く理解をしていただき、問題解決に参加していただくことが大変重要です。

このようなことから、環境省では、地球温暖化防止のための普及啓発を推進するための環境大臣をチーム長とした「COOL CHOICE推進チーム」の下で、「COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン~みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト~」を平成29年3月に立ち上げました。

キャンペーンでは、経済産業省及び国土交通省と連携しつつ、本キャンペーンに賛同頂いた関係者のご協力を得ながら、宅配便を利用される国民一人一人の皆様に、ご協力の呼びかけを広く行っていきます。

◆キャンペーンサイトはこちらから
http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/butsuryu/

「COOL CHOICE(=賢い選択)」にご賛同ください。
「COOL CHOICE」は、CO2などの温室効果ガスの排出量削減のために、低炭素型の製品・サービス・ライフスタイルを賢く選択していこうという取り組みです。未来の地球のために、「COOL CHOICE」に賛同して、できることから始めてみませんか?
◆ご賛同はこちらから
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/join.html