「smart move(スマートムーブ)」ポスター掲出について

COOL CHOICE編集部
COOL CHOICE編集部
  • スマートムーブ

地球温暖化対策のための「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」のアクションひとつとして、環境省では“「移動」を「エコ」に。”をテーマに、公共交通や自転車の利用などのエコで賢い交通手段を選択し、CO2排出量の少ない移動を推進する「smart move(スマートムーブ)」キャンペーンを展開しています。この度、COOL CHOICE連携事業として公益社団法人日本バス協会、国土交通省鉄道局と連携し、スマートムーブを呼び掛けるポスターを作成しました。

移動にバスを~公益社団法人日本バス協会との連携~


バスは、地域公共交通として生活に密着した交通の確保に寄与していますが、公共交通の環境性能を見える化した環境ラベルを導入する地域もあります。

例えば、移動する時のCO2排出量をみると、マイカーからバスに変えると約3分の1にまで減らすことができます。

この度、公益社団法人日本バス協会と連携し、スマートムーブを呼び掛けるポスター及びステッカーを作成しました。全国約300の乗合バス事業者各社にご協力いただき、1月下旬から関連施設及び車両内等で約48,000枚掲出を行っていきます。

◆ポスタービジュアル
(横)
ステッカービジュアル

移動に鉄道を~国土交通省との連携~

写真提供:眼目佳秀

鉄道は、地域住民の通学・通勤などの足として重要な役割を担うとともに、地域の経済活動の基盤となっています。
移動する時のCO2排出量をみると、マイカーから、電車に変えると約6分の1にまで減らすことができます。また環境にやさしい鉄道をもっと環境にやさしくしようとするエコレールラインプロジェクトや運行時の使用電力の見える化を実施している鉄道もあります。
この度、国土交通省鉄道局と連携して、スマートムーブを呼び掛けるポスターを作成しました。全国99の鉄道事業者等にご協力いただき、1月下旬から車両の車内、駅構内等で約13,000枚掲出を行っていきます。
※エコレールラインプロジェクトとは
鉄軌道事業者における省電力化・低炭素化に資する設備の導入を支援する事業で、平成25年度から国土交通省と環境省が連携して実施しています。

◆ポスタービジュアル(縦)
(横)

次の旅行はいつものマイカーではなく、バスや鉄道を利用するなど、皆様もエコを意識した最適な移動方法を選択するライフスタイル、「スマートムーブ」をそれぞれの状況に応じて実践してみませんか。

「COOL CHOICE(=賢い選択)」にご賛同ください。

「COOL CHOICE」は、CO2などの温室効果ガスの排出量削減のために、低炭素型の製品・サービス・ライフスタイルを賢く選択していこうという取り組みです。未来の地球のために、「COOL CHOICE」に賛同して、できることから始めてみませんか?

◆ご賛同はこちらから
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/join.html

 

この記事を書いた人

COOL CHOICE編集部
COOL CHOICE編集部

趣味、ファッション、グルメ、住まい、レジャーなど、さまざまなアプローチから「低炭素ライフスタイル」に役立つ情報をお届けします。

  • facebook