7月7日のクールアース・デーは、

みんなが地球を想う日です。


2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)が日本で7月7日の七夕の日に開催されたことを契機 に、毎年7月7日がクールアース・デーと定められました。

これは、天の川を見ながら、家庭や職場において、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認し、低炭素社会への歩みを実感するとともに、それぞれができる地球温暖化対策の取組を推進するための日として設けられたものであり、その具体的な行動として、「COOL CHOICE」(脱炭素社会づくりに貢献する製品への買換え、サービスの利用、ライフスタイルの選択など、地球温暖化対策に資する賢い選択)を提案しています。

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/




「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」について


環境省では、2003年から16年間にわたり、地球温暖化対策のため、ライトアップ施設や家庭の照明を消していただくよう呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施してきました。
本キャンペーンの目的である、国民の皆様に日常生活の中で地球温暖化対策を実践する契機としていただくことについては定着してきており、また、近年のLED照明の普及状況を鑑み、環境省による呼び掛けは終了することとしました。

今後も引き続き、クールアース・デーや、省エネ性能の高いLED照明が投資回収可能なCO2削減対策であることなど、情報を発信していきます。
本件趣旨に御理解をいただき、引き続き、地球温暖化対策に御協力いただきますようお願い申し上げます。

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/akari/
2019年4月

これまでのライトダウンの取組事例はこちら