【往復書簡】環境問題で気になることはなんでもずばり環境省に聞いてみることにした。

マルチクリエイター いとうせいこう
環境省 地球環境局 国際連携課長 川又孝太郎

プロフィール

いとうせいこうさん似顔絵イラスト
Ito Seiko

作家・クリエイター いとうせいこう

1984年早稲田大学法学部卒業後、講談社に入社。
86年に退社後は作家、
クリエイターとして活字、映像、舞台、音楽、ウェブなど、
あらゆるジャンルにわたる幅広い表現活動を行っている。
2021年に始動した「いとうせいこう発電所」では、再生可能エネルギーの生産にも取り組む。

環境省 地球環境局 国際連携課長 川又孝太郎

東京大学工学部卒業。
同大学院国際協力学博士課程修了。博士(国際協力学)。
1994年より環境省に勤務。
在ドイツ日本大使館参事官、環境計画課長等を経て
2022年7月より国際連携課長。
2015-18年のドイツ赴任時に、再生可能エネルギーに目覚め、
その普及をライフワークとする。

いとうせいこうさん似顔絵イラスト
Ito Seiko

他の記事 ※順次公開

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 1

いとうせいこうさんイラスト
いとう「こんにちわ。川又さんとはたまにイベントなんかですれ違うんですが、実はどういう方なのかよくしらないんです。例えばどういう立場で、どういう仕事をしてるのか、是非この際教えてください!」
川又さんイラスト
川又「はい、環境省の者です。そう見えないとよく言われますが…」
いとうせいこうさんイラスト
いとう「なにしろヒゲが目立ちますもんね(笑)」
川又さんイラスト
川又「いやいや…。で、今は環境分野の国際協力の仕事をしています。2018年まで3年間ドイツの日本大使館に出向していまして、そこで再生可能エネルギーの可能性に魅せられて、それ以降再エネの普及をライフワークにしているんです。たくさんの方々に再エネのメリットを知っていただくために、音楽イベントとコラボしたりもしているので、せいこうさんともたまにお会いするんですよね」
いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、『普及』側の方だったんですね。しかも環境大国で、世界をリードするドイツで学ばれてきた」
川又さんイラスト
川又「はい」
いとうせいこうさんイラスト
いとう「じゃ、早速質問しますね。このメールのやりとり、つまり往復書簡は“僕がわからないと思った環境問題をすぐに川又さんに聞いてみる”というものなので。ちなみに個人的に思いついて提案して、まったくなんのバックもない状態で、川又さんに受け入れてもらいました」
川又さんイラスト
川又「はい、なんでも聞いてください」
いとうせいこうさんイラスト
いとう「では。この頃まさに話題なのは、“太陽光パネルの初期型の耐用年数が二十年だかで、これからすぐ大量廃棄が始まる!”とSNSなどで回ってくるんですが、これは本当ですか? そして、廃棄の際の問題点を環境省ではどうクリアする目論見なんでしょうか?
次世代、次々世代のパネルは僕も色々見ていて、日進月歩の技術革新があるのでお互いさまざま確認しあいたいところですが、その前にまずは初期型問題をきちんと知りたいんです」
川又さんイラスト
川又「はい、太陽光パネルの廃棄の問題はきちんと対処できます。リサイクルで言えば、実は太陽光パネルよりも量もずっと多く、物質の種類が多様な住宅・建物や自動車もきちんと処理がされていますよね。
環境省でも太陽光パネルのリサイクルにあたっての留意事項をまとめたガイドラインを策定しています。さらに、大量廃棄が予想される2030年代後半を見越してリサイクルを促進するための制度的検討も進めています」
いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」
いとうせいこうさんイラスト
いとう「ふむ、最大で年間50~80万tはなかなか大きな数字ですね。ぬかりなく是非よろしくお願いします!僕もしっかり見張りますよ!」

※Q&Aは順次公開していきます

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 2

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 3

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 4

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 5

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 6

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 7

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 8

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 9

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」

いとうこせいこうがずばり!環境省に聞いてみた。

Q&A 10

いとうせいこうさんイラスト
いとう「なるほど、で、その際にどのくらい“処理しきれない物質”が出る予測ですか?つまりゴミになるおそれです」
川又さんイラスト
川又「環境省では2030年代後半に最大で年間50~80万tのパネルが排出されると推計していますが、それら全てを円滑にリサイクル・処理できるよう、実態調査や制度的検討を進めているところです。なお、現状でも、既に太陽光パネルをリサイクルできる施設が導入されており、環境省の調査結果からも現在の排出量に対して十分な処理能力があると考えていますが、大量廃棄が見込まれる2030年代後半に向けて、太陽光パネルのリサイクル設備の導入に対する補助等も行っています」