みんなの「再エネ」取組み

再エネの具体的な導入方法を
ご紹介いたします。

PPAモデル

おススメ対象者:
企業、自治体​

PPAモデルとは

初期投資0円で発電設備を設置し
その電気を利用することで​
電気料金とCO2排出を削減することが
できます

PPA(Power Purchase Agreement)とは電力販売契約という意味で第三者モデルともよばれてます。企業・自治体が保有する施設の屋根や遊休地を事業者が借り、無償で発電設備を設置し、発電した電気を企業・自治体が施設で使うことで、電気料⾦とCO2排出の削減ができます。設備の所有は第三者(事業者または別の出資者)が持つ形となりますので、資産保有をすることなく再エネ利用が実現できます。​

PPAモデルとは

PPAモデルのメリット​は?​

  • 初期費用不要で太陽光発電システムを導入​
  • 自家消費した電力量は再エネ賦課金分をコストダウン。電力契約によりさらにダウンも​
  • CO2を排出しないクリーンエネルギー。RE100やSDGsなどの環境経営の推進に貢献​
  • 太陽光発電システムの自立運転機能に加えて、蓄電池システムを導入することで非常用電源に​
  • 事業者がメンテナンスするため管理不要

PPA利用までの流れ​

  1. PPAを提供している
    事業者を選択​
    契約内容などを
    比較検討
  2. 自社の条件に合った
    事業者確定
    PPA契約を結ぶ
  3. 再エネ設備の
    施工工事を行う
  4. 工事完了後に
    再エネ電力の
    利用開始

PPA利用の注意点​

  • 各状況によりPPAモデルを導入出来ない場合があります。​
  • 契約期間が定められており、無期限ではない​。​
  • 期間満了後の設備の取り扱いなどは契約内容によって異なるため確認が必要です。​
  • 売電収入を得ることはできません。​

契約内容によってそれぞれ変わってくるため、不明な点は事前に確認しましょう。​