再生可能エネルギー導入方法

再エネの具体的な導入方法を
ご紹介いたします。

自家消費型太陽光発電

おススメ対象者:
企業、自治体​

自家消費型太陽光発電とは

​工場や店舗などの屋根に太陽光パネルを
設置して発電した電気を使うことで、
再エネを利用しながら、
電気代を削減できます。

自家消費型太陽光発電は、発電した電気を固定価格買取制度を利用し売るのではなく、自社設備で使用するものです。電力会社から買って使う電気から、自家発電の電気に変わることで、電気代が削減できます。休業日が少なく、日中の電気使用量が多い施設は、発電した電気を最大限活用できるため、自家消費型太陽光発電システムの導入に特に向いています。

「自家消費型太陽光発電とは」

自家消費型太陽光発電のメリット​は?​

  • 太陽光発電はクリーンで枯渇しない、再生可能エネルギー!
  • 創った電気を自家消費するため、電気料金を削減できる
  • 太陽光発電によるCO2排出量の削減で、企業価値の向上につながる
  • 非常用電源として、停電時の日中に必要最低限の電気を確保することができる
    (パワーコンディショナの自立運転機能がある、日中発電しているなど一定の条件が必要)
  • 税制優遇や土地の有効活用ができる
  • 事業計画認定が不要など、全量売電(FIT)型と比べて申請が簡素

自家消費型太陽光発電利用までの流れ​

  1. 事業者を選択
  2. 事業者による
    現地調査、
    見積もり確認
  3. 契約
  4. 設置工事
  5. 利用開始

自家消費型太陽光発電利用の留意点

  • 工場の屋上や遊休地など広いスペースが必要になります。
  • 悪天候の日や夜間は通常どおり電力会社から電気を購入する必要があります。
  • 災害に備えたり、悪天候や夜間であっても電気を使用することができる蓄電池もあわせて導入することが推奨されます。
  • 発電量を下げないためにパネルに汚れがついていないかといった定期点検が必要です。