COOL CHOICE エコ住キャンペーン ~家の断熱性能を高め、冬は暖かく、夏は涼しい家で暮らそう~ 断熱リフォーム 省エネ建材 ZEH 水回りでCOOL CHOICE COOL CHOICE エコ住キャンペーン ~家の断熱性能を高め、冬は暖かく、夏は涼しい家で暮らそう~ 断熱リフォーム 省エネ建材 ZEH 水回りでCOOL CHOICE

※エコ住キャンペーンとは、住宅の省エネ・低炭素化推進のため、高断熱・省エネ住宅への買換えや省エネリフォームを呼びかけるキャンペーンです。

省エネ住宅を学ぼう

ZEHとは ZEHとは

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

またZEHは以下の定量的要件を満たす住宅とされています。

『ZEH』
■以下の①~④のすべてに適合した住宅
① 強化外皮基準(1~8地域の平成 25 年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、
UA値 1、2 地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K]相当以下、4~7地域:0.6[W/㎡K]相当以下)

② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)
④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

ZEHとは、「快適な室内環境」と、
「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅


出展:ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について(平成30年3月)
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

Nearly ZEH(ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEHを見据えた先進住宅として、外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量をゼロに近づけた住宅です。

『Nearly ZEH』
■以下の①~④のすべてに適合した住宅
① 強化外皮基準(1~8地域の平成 25 年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、
UA値 1、2地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K]相当以下、4~7地域:0.6[W/㎡K]相当以下)

② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)
④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上100%未満の一次エネルギー消費量削減

※ただし、基準一次エネルギー消費量、設計一次エネルギー消費量の対象は暖冷房、換気、給湯、照明とする。また、計算方法は、平成25 年省エネルギー基準で定められている計算方法に従うものとする。なお、法改正等に伴い計算方法の見直しが行われた場合には、最新の省エネルギー基準に準拠した計算方法に従うこととする。


『ZEHロードマップ検討委員会 とりまとめ』より
平成27年12月
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー対策課
http://www.meti.go.jp/
press/2015/12/20151217003/20151217003-1.pdf

ZEHでの生活 ZEHでの生活は省エネ・創エネをしつつ、夏は涼しく、冬は暖かい快適な空間を実現することができます。

出展:ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について(平成30年3月)
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

断熱リフォームとは 断熱リフォームとは

断熱リフォームとは、天井・壁・床などの断熱施工や開口部の断熱施工(窓の交換、内窓設置、ガラスの交換など)をすることで外気の温度や熱を室内に伝えにくくする施設です。​

断熱リフォームの種類

断熱リフォームの種類 天井断熱:夏の天井裏の気温は50℃以上に達することもあります。天井裏に断熱材を敷き詰めることで夏は室内の火照りを抑え、冬は室内から熱が逃げていくのを防ぎ冷暖房効果を高めます。 床断熱:冬の冷たさは足元から感じるものです。床下にマット・ボード状などの断熱材や気流止めを施工することで、冷気の侵入や底冷えを防止します。 窓断熱:断熱リフォームを検討するなら、まずは効果の高い窓から。断熱リフォームすることで室内側の結露防止、防音などにも効果があります。また製品によっては防犯性が向上します。熱断熱の対応策2種類 現在の単版の「窓」が寒い場合や結露が気になる場合 対応策1:カバー工法+複層ガラス 対応策2:内窓の取りつけ(二重窓) 外壁断熱:外壁に断熱材を施工して夏は室内への熱の侵入を、冬は熱の流出を防ぎます。これによって冷暖房効果が高まり省エネに。 浴室断熱:浴室リフォームにあわせて、窓や躯体を断熱施工することや断熱タイプのユニットバスに交換することで暖かい浴室に生まれ変わります。さらに、浴槽に保温材のついたユニットバスにすることで、湯温も下がりにくくなります。

断熱リフォームのメリット​ 断熱リフォームのメリット​

  1. カビが発生しなくなった​
  2. 部屋ごとの温度差が小さくなった​
  3. 窓から冷気を感じなくなった
  4. 冷暖房の効きが良くなった​
  5. 窓の結露がなくなった​

水回りの省エネとは​ 水回りの省エネとは​

浴室、キッチン、洗面所、トイレなど住宅の“水回り”で、節水・節湯水栓、節水トイレ、高断熱浴槽などを選択することで、エネルギーの使用を削減し、CO2の削減につなげることです。​

節水トイレ 節水トイレとは?1990年半ばまでに主流だったトイレでは、1回の洗浄で13Lもの水を消費していたのに対して、最新の節水トイレでは6L以下で洗浄することができます。<4人家族の年間の洗浄水量>13Lタイプ(~1996年ごろまでの主な出荷品の水量)年間洗浄水量75,920L約76トン 10/8Lタイプ(1997~1999年ごろの主な出荷品の水量)年間洗浄水量49,640L約50トン 8/6Lタイプ(2000~2007年ごろの主な出荷品の水量)年間洗浄水量37,960L約38トン 6/5Lタイプ(2008~現在の主な出荷品の水量)年間洗浄水量30,660L約31トン 出典:一般社団法人 日本レストルーム工業会「トイレで水をムダにしていませんか?」
節水トイレ タンクに溜めた大量の水を上部から勢いよく流す旧来の洗浄方式に比べ、少ない水で効率よく洗浄するベンキが発売されています。 <年間使用水量、水道料金の比較>約6割節水 13L便器 20,119円/年 6L便器 8,125円/年 出典:環境省 省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」
節水・節湯水柱 節水・節湯水柱とは?住宅でのエネルギー消費量は給湯の約3割を占めています。お湯の使用量を削減できる節水・節湯水栓には、ボタンやセンサーなど手元で湯水を出し止めができるタイプや、少ない流量でも快適に使用できるよう構造を工夫したタイプ、水優先吐水タイプなどがあります。水栓のハンドル位置によってはお湯が不必要にも関わらず給湯器が作動し、ムダなエネルギーを使用している場合があります。そのようなとき、水優先吐水タイプの水栓を使うことで削減が可能となります。タッチレスタイプの水栓もいいですね。 <水優先吐水タイプ>ムダなお湯を使わず省エネ効果を得る
節水・節湯水柱がなくても節水できます!従来の水栓でもハンドルを適切に操作すれば節約できます!
節水シャワーヘッド こまめにシャワーを止めるといった節水・節湯の意識を持つだけでも、思った以上の省エネ効果が望めます。より大きな節水・節湯効果を得るには節水シャワーヘッドへの取替えがおすすめです。 節水・節湯水栓の効果 節水:従来型水栓15,600円/年 節水・節湯水栓12,400円/年 節ガス:従来型水栓25,800円/年 節水・節湯水栓20,600円/年 20%削減 出典:一般社団法人 日本バルブ工業会WEBページ 手元で止水できるタイプならさらに節水効果アップ 試算例は、いずれも東京・4人家族を条件に算出。水道料金:平成29年料金単価265円/平方メートル 都市ガス料金:平成29年料金単価148円/平方メートル
高断熱浴槽 高断熱浴槽の仕組み 断熱風呂釜、浴槽、断熱材、断熱バスエプロン、断熱床パン 温度が下がらないのには理由がある 一般的に浴槽は、冷たい底面と冷たい空気に接しているため、湯水の温度低下へとつながってしまいます。そのような問題と解決するために登場した高断熱浴槽は、いくつかの断熱層を持った独特の設計が行われているため、高い保温効果をもたらしてくれます。持続性のある暖かさのおかげで、高い省エネ効果が望めるのです。
高断熱浴槽(JIS基準)の温度変化 4時間経っても約-2.5℃以内 出典:日本工業標準調査会 WEBページを参考に作成 浴槽のふたは必ず閉める!お湯が冷めにくくエネルギー削減に!

エコな省エネ住宅を学んでみませんか