トピックス

ゼロカーボンアクション30―日常生活における脱炭素行動と暮らしにおけるメリット

掲載日

2020年10月の2050年カーボンニュートラル宣言を受けて設置された「国・地方脱炭素実現会議」において、2021年6月に、「地域脱炭素ロードマップ」が取りまとめられました。
これは、地域における「暮らし」「社会」分野を中心に、生活者目線での脱炭素社会実現に向けた工程と具体策を示すものです。

「地域脱炭素ロードマップ」では、衣食住・移動・買い物など日常生活における脱炭素行動と暮らしにおけるメリットを「ゼロカーボンアクション」として整理しています。具体的な脱炭素行動に対する共感・関心を広げ自らの行動につなげることができるよう、COOL CHOICEの中で紹介していきます。

「ゼロカーボンアクション30」アクションリスト

※地域特性や気候風土等により具体的な内容が異なる部分については、各地域で適宜補足しながら活用することを想定。
※技術の動向や、製品・サービスの進化、暮らしのニーズの多様化等の変化に応じて柔軟にアップデートしながら活用していくことを想定。

1. 電気等のエネルギーの節約や転換
  • (1)再エネ電気への切り替え
  • (2)クールビズ・ウォームビズ
  • (3)節電
  • (4)節水・水道費の節約
  • (5)省エネ家電の導入
  • (6)宅配サービスをできるだけ一回で受け取る
  • (7)消費エネルギーの見える化
2. 住居関係
  • (8)太陽光パネルの設置・自宅に電源を持ち、余剰分は売電することが可能になる。
  • (9)ZEH(ゼッチ)
  • (10)省エネリフォーム
  • (11)蓄電地(車載の蓄電池)・蓄エネ給湯機の導入・設置
  • (12)暮らしに木を取り入れる
  • (13)分譲も賃貸も省エネ物件を選択
  • (14)働き方の工夫
3. 移動関係
  • (15)スマートムーブ・徒歩、自転車・公共交通機関で移動
  • (16)ゼロカーボン・ドライブ
4. 食関係
  • (17)食事を食べ残さない
  • (18)食材の買い物や保存等での食品ロス削減の工夫・食べ切れる量を買う
  • (19)旬の食材、地元の食材でつくった菜食を取り入れた健康な食生活
  • (20)自宅でコンポスト
5. 衣類、ファッション関係
  • (21)今持っている服を長く大切に着る
  • (22)長く着られる服をじっくり選ぶ
  • (23)環境に配慮した服を選ぶ
6. ごみを減らす
  • (24)マイバッグ、マイボトル、マイ箸、マイストロー等を使う・家庭ごみの減量
  • (25)修理や補修をする
  • (26)フリマ・シェアリング
  • (27)ごみの分別処理
7. 買い物・投資
  • (28)脱炭素型の製品・サービス
  • (29)個人のESG投資
8. 環境活動
  • (30)植林やごみ拾い等の活動

今後、COOL CHOICEでは、「ゼロカーボンアクション」に取り組んでいただけるよう、わかりやすく情報発信していきます!

ページ先頭へ