トピックス

省エネ・節電効果のある脱炭素アクションのご紹介

掲載日

今年は日本全国で電力需給がひっ迫すると伝えられており、日本政府も国民の皆さまや事業者の皆さまに向けて、省エネ・節電の呼びかけをしています。このトピックスでは、環境省が推奨するこの夏・冬に向けての省エネ・節電につながる脱炭素アクションをご紹介します。

国民の皆さまへ

今年は全国的に早い梅雨明けとなり、毎日暑い日が続きますが、体調を崩されたりしていませんでしょうか。是非、熱中症に留意されて、この夏を過ごされてください。

電力需給のひっ迫。政府としては一丸となって電力需要が供給量を上回らないよう様々な対策をとっております。環境省では無理をする、我慢を強いる節電ではなく、暮らしに取り入れることで健康にもお得にもつながる取組を「ゼロカーボンアクション」として呼びかけており、以下にその取組事例をご紹介します。

この夏に検討してみたいこと

この冬に検討してみたいこと

事業者の皆さまへ

電力需給がひっ迫している中で政府は、単純に電力需要を抑制して経済を停滞させるのではなく、経済活動を維持させながら、電力の需給バランスを調和させることを目指しています。その一つの鍵として、環境省では脱炭素の取組を推奨しています。

この夏に検討してみたいこと

この冬に検討してみたいこと

この記事に関してのお問い合わせ先

環境省 地球環境局 地球温暖化対策課

ページ先頭へ