トピックス

「省エネ法・温対法・フロン法電子報告システム」(EEGS)が利用開始となりました

掲載日

「地球温暖化対策の推進に関する法律」(以下「温対法」という)に基づく「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」(以下「SHK制度」という)に関して、令和3年5月に成立した改正温対法や有識者検討会での議論も踏まえ、事業者による排出量算定・報告や報告された情報の公表等を行う新たな電子システムである「省エネ法・温対法・フロン法電子報告システム」(以下「EEGS(イーグス)」という)の構築を進めてきました。
令和4年5月よりEEGSが利用開始となり、SHK制度に基づく排出量の算定や報告書の作成・提出をこれまでより簡易に行っていただくことが可能となりました。

「省エネ法・温対法・フロン法電子報告システム」(EEGS)の概要

EEGSは、省エネ法・温対法・フロン法における各報告書の作成から提出、各報告書の同時提出、温室効果ガス排出に関する情報の統合管理等を可能とするシステムです。報告手続の合理化等の観点から、省エネ法・温対法・フロン法に係る報告は、原則としてEEGSのご利用をお願いしております。EEGSの利用申請やログイン方法などについては、関連リンクをご参照ください。

「EEGSの全体像」のイメージ
EEGSの全体像のイメージの画像を拡大表示

※なお、現在利用できる機能は、排出量の算定機能と報告書の作成・提出機能です。排出量情報の公表機能等は、令和5年度以降の利用開始を予定しております。

EEGSを活用した集計結果の公表について

これまで、事業者から提出される報告書は紙媒体中心であったこと、事業者の基礎情報の不備や整合の取れない排出量情報等の報告が散見されたことなどにより、集計結果の公表までに2年の期間を要しておりました。今後はEEGSの活用等により、公表までの期間を前倒して参ります。

また現在、SHK制度に基づいて事業者より報告された内容の集計結果は、SHK制度のホームページにてPDF・Excel形式で公表されていますが、本制度の公表データの認知度は高くなく、認知されていても活用はあまり進んでおりません。

このため、EEGSにて排出量等をわかりやすく公表する機能の実装を検討しており、2023年4月(予定)の実現を目指して、現在構築を行っております。
新たな公表画面では、業種等で事業者・事業所を検索してデータを抽出したり、各事業者・事業所のページの中で排出量の経年変化を確認したりできることを想定しています。

「排出量等公表機能【事業者・事業所検索画面】」のイメージ
排出量等公表機能【事業者・事業所検索画面】のイメージの画像を拡大表示
「排出量等公表機能【事業者別排出量等公表画面】」のイメージ
排出量等公表機能【事業者別排出量等公表画面】のイメージの画像を拡大表示

※上記画像はイメージです。実際にリリースされる画面とは異なります。

ページ先頭へ