インセンティブや情報発信を通じた行動変容の後押し

電車de脱炭素スタンプラリー

電車de脱炭素スタンプラリーの写真

[団体名]

西日本旅客鉄道株式会社

[内容]

鉄道はお客さま一人あたりのCO2排出が少なく環境にやさしい公共交通機関*1であり、自動車等から鉄道への移動手段の変更(モーダルシフト)により、CO2排出削減に貢献することができます。そういった鉄道の環境優位性をお客さまへお伝えするとともに、脱炭素につながる環境にやさしい生活行動としての鉄道のご利用に対して ICOCA ポイント*2を付与し、脱炭素社会に向けたお客さまの行動変容を応援するデジタルスタンプラリー『おおさか脱炭素ポイント+ 電車de脱炭素スタンプラリー』を、JR西日本の移動生活ナビアプリ「WESTER」上で実施します。(2022年11月11日(金)から2023年1月31日(火)まで) 
 
 *1 1人・1キロメートルあたりのCO2排出量が自家用乗用車の約5分の1(2020年度実績・国土交通省WEBサイトより)
 
 *2 JR西日本のICOCAエリア内での鉄道や一部加盟店での電子マネー利用でポイントが貯まります。ポイントをICOCAにチャージすることで鉄道やお買い物にご利用いただけます。)