トピックス

改正地球温暖化対策推進法 成立

掲載日

地球温暖化対策推進法の一部改正案が、令和3年5月26日に成立しました。

今回の改正では大きく3つのポイントがあります。

(1) 2050年までの脱炭素社会の実現を基本理念に

我が国では、昨年の「2050年カーボンニュートラル」宣言やパリ協定に定める目標などを踏まえ、2050年までのカーボンニュートラルの実現を明記しました。これにより、国の政策の継続性が高まり、国民や自治体、事業者などはより確信を持って地球温暖化対策の取組を加速できるようになります。

(2) 地方創生につながる再エネ導入を促進

2050年までのカーボンニュートラルの実現には再生可能エネルギーの利用が不可欠です。一方で、再生可能エネルギー事業に対する地域トラブルが見られ、地域における合意形成が課題となっています。こうした課題を解決するため、地方自治体が策定する地方公共団体実行計画において、地域の脱炭素化や課題解決に貢献する事業の認定制度を創設し、関係法律の手続きのワンストップ化を可能とするなど、円滑な合意形成による再生可能エネルギーの利用促進を図ります。

(3) 企業の温室効果ガス排出量情報のオープンデータ化

地球温暖化対策推進法では、一定以上の温室効果ガスを排出する事業者に対し、排出量を報告させ、国がとりまとめて公表する制度があります。本制度においてデジタル化を進めることにより、報告する側と使う側の双方の利便性向上を図ります。
また、開示請求を不要とし、オープンデータ化を進め、企業の脱炭素に向けた前向きな取組が評価されやすい環境を整備します。

地球温暖化対策推進法の一部を改正する法律案のイメージ
地球温暖化対策推進法の一部を改正する法律案のイメージの画像を拡大表示

本法律に関する資料や詳細は環境省HPをご覧ください。

地球温暖化対策推進法の成立・改正の経緯(環境省)
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/keii.html

この記事に関してのお問い合わせ先

環境省地球環境局地球温暖化対策課

ページ先頭へ