みんなでおうち快適化チャレンジTOP  記事一覧  スマート家電をスマートに使いこなそう! ファイナンシャルプランナーが実践する電気代節約術
2020.11.30

小泉環境大臣が住宅の温熱環境の違いを体感。
健康で快適、脱炭素な住宅生活を呼びかけました。

2020年11月26日、「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーンのキックオフイベント後、小泉環境大臣は「LIXIL 住まいStudio東京」を視察し、「冬体験エリア(昔の家、今の家、これからの家)」、「冬体験エリア(室外0℃)」、「壁の断熱比較、熱交換換気」などで、最新の断熱性能の高さを肌で体感しました。

ライフスタイルの転換と住宅分野の脱炭素化をアピール

ショールームを視察した小泉環境大臣からは、「昔の断熱性能の低い住宅と現在の住宅、これからの高断熱型住宅の室内環境を全て体験し、いかに断熱などが健康に重要か、再認識させてもらいました。現在の日本の住宅の大半は、WHOが勧告する『室内温度を18度以上に』という基準以下であり、断熱性の面ではまだまだ課題が多くあります。 家にいる時間をいかに健康で快適に、そしていかに脱炭素な社会をつくっていくか、我々が責任を負っています。今回のキャンペーンを通じて、ライフスタイルの転換と住宅分野の脱炭素化に取り組む意義を再確認したところです」と感想が述べられました。

これから本格的な冬を迎え、エネルギー消費量が大きくなる季節。省エネ家電への買換え、住宅の断熱リフォーム・ZEH化など、脱炭素で快適、健康、お得な、新たな住宅生活を、キャンペーンを通じて呼びかけていきます。

「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーン、キックオフイベントを開催しました 

環境省報道発表はこちら