トピックス

COP27において「ジャパン・パビリオン」を開催します!
~日本が誇る脱炭素技術・気候変動適応技術の発信~

掲載日

2022年11月6日(日)から18日(金)まで、国連気候変動枠組条約第27回締約国会議(COP27)がエジプト・シャルム・エル・シェイクで開催される予定です。

今回は、COP27において環境省が開催する「ジャパン・パビリオン」についてご紹介します。

COP27ジャパン・パビリオンの実地展示とセミナー開催の期間は、2022年11月7日(月)~ 11月18日(金)です。

COP27「ジャパン・パビリオン」の開催

環境省がCOP27で開催する「ジャパン・パビリオン」は、日本として、パリ協定の目標達成に向けて、官民合わせて一丸となって取り組み、世界の脱炭素化、または気候変動適応にも貢献していくという力強いメッセージを、世界に向けて発信していくことを目的にしています。

そこで、そうしたメッセージをパビリオンの展示を通じて効果的に発信するため、日本が誇る脱炭素社会の構築、または気候変動適応に貢献する技術を募集し、本年9月に採択結果を公表しました。

「COP27 ジャパン・パビリオン」のイメージ
「COP27 ジャパン・パビリオン」のイメージの画像を拡大表示

COP27現地でのジャパン・パビリオン

COP27が開かれるエジプト・シャルム・エル・シェイクで開催するジャパン・パビリオンにおいては、日本の気候変動対策の長期目標である「2050年カーボンニュートラル」の実現と世界の脱炭素化、または気候変動適応を支える環境技術をご紹介します。現地でのジャパン・パビリオンでは、全体で合わせて10事業者による13の技術が展示される予定です。

COP27現地でのジャパン・パビリオンに関する情報はこちらの「COP27ジャパン・パビリオン - 出展技術・企業/団体一覧」のウェブサイトをご覧ください。

COP27現地でのジャパン・パビリオンにおける採択技術一覧
番号 採択技術 事業者名(五十音順)
1 気候変動を観測する衛星・リモートセンシング技術 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
2 カーボンニュートラル社会を実現するJCM廃棄物処理プロジェクト JFEエンジニアリング株式会社
3 放射冷却素材(SPACECOOL®) SPACECOOL株式会社
4-1 T-eConcrete®/Carbon-Recycle 大成建設株式会社
4-2 T-Green® Multi Solar
5-1 超軽量小型大出力超電導モータ ~モビリティ分野の脱炭素化に貢献~ 東芝エネルギーシステムズ株式会社/株式会社東芝
5-2 Power to Chemicals(P2C)~「CO₂電解技術」でCO₂を資源に!~
6 ガス化による廃プラスチックからの水素製造 日揮ホールディングス株式会社
7 食料安全保障の確立に寄与する気候変動対応技術 農林水産省
8 RE100ソリューション パナソニックホールディングス株式会社
9 高圧直流送電、水素・ハイブリッドトレイン 日立グループ
10-1 水素ガスタービン 三菱重工業株式会社
10-2 CCUSバリューチェーン
「COP27 ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン」のイメージ
「COP27 ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン」のイメージの画像を拡大表示

COP27ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン(オンライン開催)

エジプトでの実地展示と同時に、オンライン上でもヴァーチャル展示を行います。COP27ヴァーチャル・ジャパン・パビリオンにおいては、日本の脱炭素化に向けた技術・取り組みをオンラインでご紹介します。

COP27ヴァーチャル・ジャパン・パビリオンに関する情報はこちらの「COP27ジャパン・パビリオン - VIRTUAL JAPAN PAVILION」のウェブサイトをご覧ください。
※各ヴァーチャル展示は、11月7日(月)より公開予定です。

COP27ヴァーチャル・ジャパン・パビリオンにおける採択技術一覧
番号 採択技術 事業者名(五十音順)
1 電気透析浄水システム AGC株式会社
2 RuleWatcher 株式会社オシンテック
3 生分解性バイオポリマー(Green Planet) 株式会社カネカ
4 カーボンリサイクル 一般社団法人カーボンリサイクルファンド
5 グリーンスローモビリティ 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団
6 GOSATシリーズプロジェクト 国立研究開発法人国立環境研究所
7 レジームエスティ― 株式会社コバヤシ
8 廃棄された農・林・水産品由来のバイオプラスチック(HEMIX™) 株式会社事業革新パートナーズ
9 放射冷却素材(SPACECOOL®) SPACECOOL株式会社
10 電気自動車のバッテリーのリユース、ペットボトル回収・再生利用 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
11 産業廃棄物リサイクルと再生燃料 株式会社ダイセキ
12 グランドミル・PLAサンドチューブ 株式会社トロムソ
13 木質バイオマス 日揮ホールディングス株式会社
14 リソース アグリゲーション サービス 日本電気株式会社
15 ヒートポンプ式給湯暖房・冷房機 パナソニックホールディングス株式会社
16 高圧直流送電、水素・ハイブリッドトレイン 日立グループ
17 廃棄物発電、メタネーション、水素発生装置、下水汚泥処理 日立造船株式会社
18 レドックスフロー電池 プライムスター株式会社
19 紙を用いた繊維強化技術によるプラスチックリサイクル 古河電気工業株式会社
20 フラクタルひよけ「こもれび」 株式会社ロスフィー

COP27ジャパン・パビリオンにおけるセミナーの開催

上記でご紹介しました実地展示とヴァーチャル・ジャパン・パビリオンに加えて、COP27ジャパン・パビリオンにおいては、脱炭素社会の実現に向けた取り組みや適応策の推進に関するセミナーを開催する予定です。
各セミナーに関する情報については、こちらの「COP27ジャパン・パビリオン - セミナー」のページに掲載しておりますのでご覧ください。随時情報を更新する予定です。

COP27ジャパン・パビリオン公式ウェブサイトオープン!

2022年10月、COP27ジャパン・パビリオンのウェブサイトを開設しました。ジャパン・パビリオンにおける我が国の取組や環境技術の展示(実施展示及びヴァーチャル展示)や、COP27期間中に開催する予定のセミナーに関する情報を掲載していますので、是非ご覧ください。

COP27ジャパン・パビリオン公式ウェブサイト(COP27ジャパン・パビリオン公式ウェブサイト - 日本語/COP27ジャパン・パビリオン公式ウェブサイト - 英語
ページ先頭へ