2100年の天気は? 地球温暖化防止コミュニケーター出前授業スタート!!

COOL CHOICE編集部
COOL CHOICE編集部
  • 気候変動

環境省では、イベントや小中学校での出前授業等を通じて、地球温暖化に関する最新情報等を皆様にお伝えし、日々の生活の中で地球温暖化を意識、最終的には自分事として考えてもらい、地球温暖化対策に取り組んでいただくために、「地球温暖化コミュニケーター事業」を実施しています。

現在、教員、自治体職員、気象予報士、企業のCSR担当者などから一般の方まで、全国で約2,000名の方が「地球温暖化防止コミュニケーター」(以下、コミュニケーターという。)として登録していただき、活躍しています。
また、コミュニケーターが地球温暖化の最新情報等を小中学校の生徒たちに伝える「出前授業」も実施しています。

東村山市立回田(めぐりた)小学校から出前授業をスタート!

2017年度の第1回目となる出前授業は、5月13日(土)に東京都の東村山市立回田(めぐりた)小学校で開催しました。
500名を超える全校生徒、並びに保護者の皆様にもご参加いただきました。

講師を務めたのは、コミュニケーターであり、NPO法人気象キャスターネットワーク代表の藤森涼子さんと、同じくコミュニケーターであり、気象予報士の川崎亜有子さんです。
授業では、地球温暖化によってどのような影響が出ているのか、このまま地球温暖化が進むとどうなってしまうのか、クイズなども盛り込みながら、わかりやすく説明していただきました。

積極的に授業に参加する生徒たち
講師の藤森涼子さん(右)と川崎亜有子さん(左)

なかでも、「2100年の天気予報」で東京の気温が「44℃」と表示されると、会場からは驚きの声があがり、1人が1日に呼吸で出す二酸化炭素と、エネルギーを使用することで出す二酸化炭素の量を比べるために、風船を使ったクイズをすると、生徒たちが風船をポンポンさわりながら、楽しく学ぶ姿が印象的でした。
今後、参加された皆様が、生活の中で身近にできる地球温暖化防止対策を実践していただくことを期待しています。

2100年の天気予報図
風船を使った二酸化炭素の排出量を比較するコーナー

出前授業を希望する小中学校募集中!

2017年度は、全国の小中学校120校で出前授業を開催する予定です。授業の開催費用は無料です。 先着順となりますので、ご希望される場合は、お早めにお申し込みください。
詳しくは、NPO法人気象キャスターネットワークのHPをご覧ください。
http://www.weathercaster.jp/ipcc_class2017_info/

「地球温暖化防止コミュニケーター」募集中!

地球温暖化の正しい知識を伝える‘伝え手’である「地球温暖化防止コミュニケーター」を新規募集中です。
「18歳以上」で、「地球温暖化に対し高い関心を持っている事」以外、特別な資格、条件はありません。
あなたも、地球の未来のために、地球温暖化防止コミュニケーターとして活動してみませんか?
地球温暖化防止コミュニケーターに登録すると、修了証書とバッジが授与され、授業やセミナー、イベントでの発表資料、企業の環境教育・営業用としても活用できる様々なツールのご使用が可能となります。
詳しくは、こちらをご覧ください。
http://ondankataisaku.env.go.jp/communicator/

「COOL CHOICE(=賢い選択)」にご賛同ください。

「COOL CHOICE」は、CO2などの温室効果ガスの排出量削減のために、低炭素型の製品・サービス・ライフスタイルを賢く選択していこうという取り組みです。未来の地球のために、「COOL CHOICE」に賛同して、できることから始めてみませんか?

◆ご賛同はこちらから
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/join.html

 

この記事を書いた人

COOL CHOICE編集部
COOL CHOICE編集部

趣味、ファッション、グルメ、住まい、レジャーなど、さまざまなアプローチから「低炭素ライフスタイル」に役立つ情報をお届けします。

  • facebook